青春時代の恋愛の悩みから、大人の恋のお話まで、恋のお話をご一緒しませんか?

すいもあまいも 恋のお話

告白の返事が『ありがとう』だけ その理由と注意点

      2017/11/08

せっかく勇気を出して好きな男性に告白したのに

「ありがとう」

と言われただけでそのほかに返事らしい返事はなし。

この「ありがとう」ってOKなの?それとも・・・悩みますよね。

一体男性はどういうつもりで「ありがとう」と言ったのでしょうか。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
男性のあなたも!lineで『ありがとう』のあとも返事をもらうコツ


好きな相手とLINEでやり取りをしているとき「あ...

no image
【女性必見】彼氏は彼女のヤキモチにうんざり..喧嘩にならない方法

彼氏のことが大好きで、ほんのちょっとしたことでヤキモチを焼い...

no image
彼女に「しつこい」と言われた・・落ち込む男性へ伝えたい5つのこと

「しつこい」という言葉って、良い意味で使われることはほとんど...

no image
【男性必見】デートなのに友達まで誘う女性の心理教えます!

好きな女性に勇気を出してデートに誘うと
<...

no image
もはや当たり前?!チャットから恋愛への発展で気を付けたいこと

恋愛なんてどこでどんな風に始まるかなんか誰にも分かりません。...

no image
お医者さんに患者として恋愛感情・・・覚えておきたい5つのこと

病気やケガをすれば病院へ行きますよね。
<...

no image
【彼女にイライラ】愚痴が多い原因と今後について考えよう!


仕事のこと、友達のこと、家族のこと…どうして彼女...

no image
【彼女がすべき、彼氏が入院した時の心得】泣くよりも○○しよう!

彼氏が入院したと聞いたら誰だって慌ててしまいます。

no image
「仕事したくないから結婚したい」失敗する女性の4つの特徴


結婚したら仕事したくない、未婚女性の多くはこう考...

no image
【旦那は転勤族】「子供なし妻」の孤独を克服するには


夢のような結婚生活を描いていても、現実はそう上手...

no image
【旦那と別居】あれから全く連絡なし!その理由 教えます

夫婦生活を長く続けてくということは簡単な事ではありません。 ...

no image
大学生になったら彼女を作ろう!女子に話しかける方法教えます!

希望の大学に入るために彼女も作らず一生懸命勉強した!

no image
【片思いの期間の平均は?】男女で違う!意外な結果


胸がキュン!とした瞬間から、気付けば目で追うよう...

no image
「仕事したくないから結婚したい」失敗する女性の4つの特徴


【結婚したら仕事をしたくない。】未婚女性の中には...

no image
【彼氏が入院】でも、お見舞い拒否!その理由と迷惑行為


付き合っている彼氏が病気やケガで入院してしまった...

no image
【マラソンが趣味の彼氏】うまく付き合えない理由


付き合ってみてわかる彼氏の趣味。その趣味が「マラ...

no image
彼氏だけが浪人に!遠距離恋愛くらいの覚悟が必要!その秘訣と対策 教えます!

春からは彼氏と一緒に大学生になるんだ!
<...

no image
初恋の人と再会!結婚したくて離婚を考えるのはアリ?知っておきたいエトセトラ

初恋の人がどんな人であったのか覚えていますか?

no image
認知について知っておこう!子供を結婚せずに産むという決意

ここ数年でシングルマザーが増えました。
<...

no image
告白したい男子中学生必見!好きな子と上手くいく方法

小学校の頃は友達と遊びたい!という気持ちが第一だったけれど、...

スポンサーリンク


告白の返事が「ありがとう」だけではっきりしない

好きな人に告白するのってとっても勇気のいることですよね。

振られたらどうしよう・・・今まで友達だったのに振られたらその関係も終わってしまうかもしれない・・・

そんなことばかり考えてしまう。

それでもやっぱり好きだから気持ちを伝えたい!付き合いたい!

そう思うのは当然のことです。

学生の頃にそれほど親しくなく、挨拶を交わす程度の先輩を好きになり先輩が卒業したらもう会えないと思い卒業式前に告白しましたが先輩からの返事は

「ありがとう。嬉しいよ」

でした。

告白だけでいっぱいいっぱいでそのまま帰り、家に帰って落ち着いて考えてみると、あれ?ありがとうってそれだけ?どういう意味のありがとうだったのかと悩みました。

友達関係ならば返事を催促することもできたのですが、先輩とはそれきり言葉を交わすことなく卒業してしまいました。

男性が告白されて「ありがとう」と返事をするのはどういった意味があるのでしょうか。

本音が知りたい!告白の返事に「ありがとう」という時

告白をして返事が「ありがとう」だけだった場合の男性の本音は是非とも知りたいところですね。

まず、告白されて嫌な気持ちになる男性なんて少ないのではないでしょうか。
その女性を好きか嫌いかは別として告白されたことに対して「ありがとう」という人は多いみたいです。

返事が曖昧ならばあなたに好きな気持ちはあるんだけれども付き合う事に対してはまだ迷いがあるといったところでしょう。

告白したことで相手もあなたを今まで以上に意識するようになっていくようになるかもしれません。

少し時間をおいてからもう一度返事を聞いてみましょう。

男性の中には「ありがとう」だけではっきりした返事を先延ばしにしてあなたをキープしておくというタイプもいるようです。

狙っている女性や好きな女性がいて、その女性がダメならあなたと付き合うことにしようと考えている可能性があります。

ずるい!って思いますよね。もしかすると付き合っても誠実な男性ではないかもしれません。

しかし、あなたに全く興味がなければキープすらしないので保留されるということはあなたに悪い印象はないという証拠です。

残念な事ですが、断りたいけど断りづらい、断る勇気がないという場合も「ありがとう」の返事だけにするという場合があるようです。

断れば気まずいし、自分が悪く思われるのも嫌だし・・・

このタイプもまた女性からしてみればずるい!って思ってしまうでしょう。

それなら断らないということを利用してデートに誘ってみてはいかがでしょうか。

デートをすることにより、距離も縮まりますし何とも思っていなかったあなたの事を意識するようになるかもしれません。

「ありがとう」の返事の中には様々な本音が隠れているようですね。

ありがとうだけでは男性の気持ちを知ることは難しいかもしれませんが、「ありがとう」言い方やその後の対応によって男性の本音が見えるのでないでしょうか。

告白して「ありがとう」だけなら返事は急かさない

せっかく告白したのに返事が「ありがとう」だけだったら戸惑ってしまいますよね。

YESなのかNOなのかはっきりしてほしいと思うでしょうし、相手にも聞いてしまうかもしれませんが返事を急かすのはおすすめできません。

相手があなたの事を好きで付き合いたいと思っていたのであればすぐにその場で返事をしたでしょう。

返事が「ありがとう」だけだと言うことは今はそれ以上の返事ができないということなんです。

相手も突然の告白に戸惑っているかもしれないので、返事を急かしてもいい結果につながらない可能性が高いです。

自分の気持ちを伝えて、受け取ってもらえたというだけでも一歩前進という感じですよね。

相手にゆっくり考える時間を与え、返事を聞くのは数日後でも遅くはないと思いますよ。

返事を保留されたときに気を付けること

告白の返事を保留されたままだと不安になってしまいますよね。

毎日まだかな~まだかな~と落ち着きません。

だからといって相手に催促するような電話やメールをするのはやめておきましょう。

あまりしつこく聞くと、付き合おうかなと考えていた相手も「こんなにしつこい感じなら付き合ってからも大変そう・・・」

と思われて断られてしまう可能性もありますよ。

だからと言って相手を避ける必要もありません。振られた場合も気まずいですが、告白して返事を保留されていても気まずさはありますよね。

そのせいで相手を避けたり冷たい態度を取れば、相手も余計に気まずくなってしまい逆効果になってしまいます。

難しいかもしれませんが、普段通りの態度で接することを心がけましょう。

返事を催促したい気持ちは分かりますが、相手の気持ちやタイミングを尊重してあげたいところです。

告白した相手にキープされているかも!?

告白したのに「ありがとう」と言って返事を保留する男性の中には女性をキープしておこうというタイプもいます。

はっきり断らないのにけれどもその気にさせる事ばかり言う男性には気を付けなければいけません。

・気になっている
この言葉を言われたらほぼ付き合える!と勘違いしてしまいますよね。本当にあなたの事が気になっている場合もありますが、1ヶ月以上返事を保留する場合はキープされている
可能性が高いでしょう。

・大切な存在
この言葉も女性にとっては嬉しい言葉でありますが、友達関係でも使えるフレーズです。

・失いたくない
ちょっと笑ってしまいそうなこの言葉も好きな男性に言われると以外とキュンとしてしまうので要注意です。

これらの言葉は「好き」という言葉を使わずに女性の気持ちが自分から離れないように使われる事が多いので、曖昧な関係がずっと続いているけれど
こういった事はよく言われるという場合はキープされているのかもしれません。

 - 恋愛

ページ
上部へ