青春時代の恋愛の悩みから、大人の恋のお話まで、恋のお話をご一緒しませんか?

すいもあまいも 恋のお話

【クリスマス=恋人と過ごす日】なぜ?日本に影響を与えた謎に迫る!

   

日本国民はなぜ、クリスマスは恋人と過ごすのでしょうか?

実はこの背景にはある年代の影響が大きく関わっていることがわかりました。

ぼっちで過ごす予定のあなた、これを読んで本来のクリスマスの過ごし方を確かめましょう!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
男性のあなたも!lineで『ありがとう』のあとも返事をもらうコツ


好きな相手とLINEでやり取りをしているとき「あ...

no image
【女性必見】彼氏は彼女のヤキモチにうんざり..喧嘩にならない方法

彼氏のことが大好きで、ほんのちょっとしたことでヤキモチを焼い...

no image
彼女に「しつこい」と言われた・・落ち込む男性へ伝えたい5つのこと

「しつこい」という言葉って、良い意味で使われることはほとんど...

no image
【男性必見】デートなのに友達まで誘う女性の心理教えます!

好きな女性に勇気を出してデートに誘うと
<...

no image
もはや当たり前?!チャットから恋愛への発展で気を付けたいこと

恋愛なんてどこでどんな風に始まるかなんか誰にも分かりません。...

no image
お医者さんに患者として恋愛感情・・・覚えておきたい5つのこと

病気やケガをすれば病院へ行きますよね。
<...

no image
【彼女にイライラ】愚痴が多い原因と今後について考えよう!


仕事のこと、友達のこと、家族のこと…どうして彼女...

no image
【彼女がすべき、彼氏が入院した時の心得】泣くよりも○○しよう!

彼氏が入院したと聞いたら誰だって慌ててしまいます。

no image
「仕事したくないから結婚したい」失敗する女性の4つの特徴


結婚したら仕事したくない、未婚女性の多くはこう考...

no image
【旦那は転勤族】「子供なし妻」の孤独を克服するには


夢のような結婚生活を描いていても、現実はそう上手...

no image
【旦那と別居】あれから全く連絡なし!その理由 教えます

夫婦生活を長く続けてくということは簡単な事ではありません。 ...

no image
大学生になったら彼女を作ろう!女子に話しかける方法教えます!

希望の大学に入るために彼女も作らず一生懸命勉強した!

no image
【片思いの期間の平均は?】男女で違う!意外な結果


胸がキュン!とした瞬間から、気付けば目で追うよう...

no image
「仕事したくないから結婚したい」失敗する女性の4つの特徴


【結婚したら仕事をしたくない。】未婚女性の中には...

no image
【彼氏が入院】でも、お見舞い拒否!その理由と迷惑行為


付き合っている彼氏が病気やケガで入院してしまった...

no image
【マラソンが趣味の彼氏】うまく付き合えない理由


付き合ってみてわかる彼氏の趣味。その趣味が「マラ...

no image
彼氏だけが浪人に!遠距離恋愛くらいの覚悟が必要!その秘訣と対策 教えます!

春からは彼氏と一緒に大学生になるんだ!
<...

no image
初恋の人と再会!結婚したくて離婚を考えるのはアリ?知っておきたいエトセトラ

初恋の人がどんな人であったのか覚えていますか?

no image
認知について知っておこう!子供を結婚せずに産むという決意

ここ数年でシングルマザーが増えました。
<...

no image
告白したい男子中学生必見!好きな子と上手くいく方法

小学校の頃は友達と遊びたい!という気持ちが第一だったけれど、...

スポンサーリンク


クリスマスは「恋人と過ごす」のはなぜ?背景にある謎

「クリスマスは恋人と過ごす日」になってしまったのはいつからなのか…こう疑問に思った人は、クリスマスに対する意識が少し違うのかも知れません。

恋人がいないからそんな風に思うんだ、そう思ってしまうのはまだ早いです!

そもそもクリスマスという日は、イエスキリストの誕生を祝う日です。

だから、本来「クリスマスは恋人と過ごす日」ではないということを頭に入れてください。

日本のイベントは商業戦略に踊らされている

バレンタインには好きな人にチョコを渡す、母の日にはカーネーションをプレゼントする…こういった日本のイベントには必ず商業的な要素が含まれています。

本来の意味とはかなりかけ離れている内容となってしまうのも、日本の文化とも言えるのかも知れないです。

クリスマスのイメージを変えたのはドラマや音楽ではないのか

では、いつからクリスマスは恋人と過ごす日になったのか、これについて考えるとあることに気が付きます。

ドラマやクリスマスソング、さらにCMなどではクリスマスにカップルで過ごすシーンが多く取り入れられていますね。

この影響から「クリスマス=恋人と過ごす日」になったのではないかと言われています。

なぜクリスマスは恋人と過ごすのか?80年台のドラマが影響

クリスマスを日本国民が認知するようになった昭和30年ごろは、お父さんが仕事の帰り道にケーキを買って持ち帰るのが定番になっていました。

それがいつしか恋人と過ごす日に変わったきっかけとなったのが「バブル時代」ではないかと言われています。

80年台に流れたクリスマスソングの多くは「恋人と過ごす日」を前提にして歌っています。

とてもロマンチックで特別な日という概念を焼き付けられました。

これに拍車をかけたのがこの年代に放送されたドラマです。

クリスマスの日に恋人と過ごすシーンが多く取り入れられたことによって「クリスマス=恋人と過ごす日」へと変わってしまったようです。

イルミネーションの増加

クリスマス文化が広まるとともに、日本国内ではイルミネーションが飾られるようになりました。

キラキラ輝くライトアップはまさにデートにぴったりのシチュエーション。

ロマンチックな雰囲気になるクリスマスの日は、自然な流れで恋人と過ごすのが定着したようです。

クリスマスって何?なぜ恋人と過ごすのか

最初にお伝えしましたが、クリスマスである12月25日はイエス・キリスト様の生誕を祝う日です。

今でもキリスト教の方は聖書を読んで過ごしたり、教会でお祈りをしたりしています。

アメリカでは家族と過ごす日となっており、「ハッピーホリデー」と声を掛け合うのが定番となっています。

キリスト教自体が結婚をイメージさせる

単純な発想ですが、キリスト教→教会→結婚のようなイメージから自然と恋人と過ごすようになったとも言えます。

クリスマスはとてもロマンチックで輝いている日ですね。

この日に恋人とデートをしたくなるのは当然の流れなのでしょう。

アメリカではお正月に恋人と過ごしている!

日本ではすっかり「クリスマスは恋人と過ごす日」になってしまいましたが、アメリカでは家族と過ごすのが定番となっています。

この日はアメリカ国内ではショッピングモールもほぼ閉店になり、家族と過ごすことを大切にしています。

しかし、12月31日のカウントダウンが行われる夜は恋人と過ごすのが定番となっているんです。

なぜか日本は、年越しは家族と過ごすとなっていますよね。

この部分がアメリカと違い、クリスマスとお正月が逆転していることがわかります。

クリスマスは恋人とディナー

クリスマスの夜は恋人とディナーへ出かける、これもドラマやCMなどの影響が大きいようです。

日本はこういったイベントの日に企業が乗っかることで独自の文化を広める傾向にありますね。

その文化にまんまと踊らされている日本人がそこにいるという訳です。

クリスマスを1人で充実して過ごすプラン

「クリスマスはぼっちで過ごす」というあなた。

一人なのはあなただけではありません。

クリスマス戦略のおかげで働かざるを得なくなった人たちが大勢いるし、恋人がいない人ももちろん山のようにいるんです。

ここではクリスマスは一人でも充実させるプランを4つご紹介します。

  1. 友達と騒ごう!
    クリスマスにぼっちの友達は必ずいます。そんな友達を誘って大騒ぎしちゃいましょう。

  2. 家族と過ごす
    クリスマスは無難に家族と過ごすのもおすすめ。
    ケーキやチキンを買ってみんなで食べるという定番スタイルもたまにはいいですよ。

  3. クリスマスコンパはいかが?
    クリスマスの日でも実はコンパはたくさん開催されています。
    ちょっと探せば募集しているコンパを見つけることができるので、検索してみましょう。

  4. バイトを入れる
    クリスマスケーキを売ったり、レストランで働いたり…この日は実に大忙し!
    「クリスマスは仕事だ」と思うだけでも寂しくなくなります。

    いかがでしょうか?クリスマスは恋人たちだけの日ではありません。

本来の意味を改めて確かめ、世の中に踊らされないことが肝心です。

孤独を感じる必要は全くないということです。

 - ライフハック

ページ
上部へ