青春時代の恋愛の悩みから、大人の恋のお話まで、恋のお話をご一緒しませんか?

すいもあまいも 恋のお話

結婚したいけど貯金がない!そんなカップルでも幸せになる方法

      2017/09/28

今付き合っている彼と結婚したい、そう思ったけど彼が貯金ゼロだったらどうしますか?

貯金がないと結婚は難しいって本当でしょうか。

また、貯金がないけど結婚式を挙げる方法についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
【女性必見】彼氏は彼女のヤキモチにうんざり..喧嘩にならない方法

彼氏のことが大好きで、ほんのちょっとしたことでヤキモチを焼い...

no image
彼女に「しつこい」と言われた・・落ち込む男性へ伝えたい5つのこと

「しつこい」という言葉って、良い意味で使われることはほとんど...

no image
【男性必見】デートなのに友達まで誘う女性の心理教えます!

好きな女性に勇気を出してデートに誘うと
<...

no image
もはや当たり前?!チャットから恋愛への発展で気を付けたいこと

恋愛なんてどこでどんな風に始まるかなんか誰にも分かりません。...

no image
お医者さんに患者として恋愛感情・・・覚えておきたい5つのこと

病気やケガをすれば病院へ行きますよね。
<...

no image
【彼女にイライラ】愚痴が多い原因と今後について考えよう!


仕事のこと、友達のこと、家族のこと…どうして彼女...

no image
【彼女がすべき、彼氏が入院した時の心得】泣くよりも○○しよう!

彼氏が入院したと聞いたら誰だって慌ててしまいます。

no image
「仕事したくないから結婚したい」失敗する女性の4つの特徴


結婚したら仕事したくない、未婚女性の多くはこう考...

no image
【旦那は転勤族】「子供なし妻」の孤独を克服するには


夢のような結婚生活を描いていても、現実はそう上手...

no image
【旦那と別居】あれから全く連絡なし!その理由 教えます

夫婦生活を長く続けてくということは簡単な事ではありません。 ...

no image
大学生になったら彼女を作ろう!女子に話しかける方法教えます!

希望の大学に入るために彼女も作らず一生懸命勉強した!

no image
【片思いの期間の平均は?】男女で違う!意外な結果


胸がキュン!とした瞬間から、気付けば目で追うよう...

no image
「仕事したくないから結婚したい」失敗する女性の4つの特徴


【結婚したら仕事をしたくない。】未婚女性の中には...

no image
【彼氏が入院】でも、お見舞い拒否!その理由と迷惑行為


付き合っている彼氏が病気やケガで入院してしまった...

no image
【マラソンが趣味の彼氏】うまく付き合えない理由


付き合ってみてわかる彼氏の趣味。その趣味が「マラ...

no image
彼氏だけが浪人に!遠距離恋愛くらいの覚悟が必要!その秘訣と対策 教えます!

春からは彼氏と一緒に大学生になるんだ!
<...

no image
初恋の人と再会!結婚したくて離婚を考えるのはアリ?知っておきたいエトセトラ

初恋の人がどんな人であったのか覚えていますか?

no image
認知について知っておこう!子供を結婚せずに産むという決意

ここ数年でシングルマザーが増えました。
<...

no image
告白したい男子中学生必見!好きな子と上手くいく方法

小学校の頃は友達と遊びたい!という気持ちが第一だったけれど、...

no image
「スレンダーボディ」に憧れる女性と男性の理想体型は全然違う!


ほどよい筋肉がついたスレンダー体型に憧れをもつ女...

スポンサーリンク


貯金がない男性との結婚について

晩婚化と言われている世の中ですが、その理由のひとつに「お金がない」ということが挙げられています。

お金がないから結婚できないと言ってしまっていいものでしょうか。

その相手と結婚しないともしかしたら一生結婚でいないかも知れないですよね。

でも、ここで言うお金がない人とは「貯金がない」男性のことを言います。

ギャンブルばかりしているからお金がないという人は対象外です。

基本的にちゃんと仕事をしているけどお金がない、貯金がない男性との結婚は本当に無理なのでしょうか?

結婚にはさまざまな形があり、お金にとらわれない結婚をするスタイルについてご紹介したいと思います。

結婚資金がないなら2人で貯金を作る!

「結婚するなら絶対に結婚式を挙げたい!」ほとんどの女性がこう考えていると思います。

なので貯金がない男性とは結婚することができないと終わらせてしまうのは非常にもったいないことです。

一般的な結婚式というものはすぐに挙げられるものではなく、最低3カ月は準備期間が必要です。

長ければ予約から1年かかりますよね。

この間に2人で協力をして結婚資金を貯めてみてはいかがでしょうか。

最低100万円程度あればあとはご祝儀で何とかなるものです。

結婚式のプランも自分たちの身の丈に合ったものを選んでいけば、予算を抑えて行うことも可能です。

ここで注意すべきことは、お互いの両親に資金の相談をすることは避けましょう。

両家でお金の問題を相談し合うということは、必ず何か問題が起きます。

それが後々面倒なことにつながるので、できる限り自分たちで資金を貯めることを前提にするべきです。

また、女性側に貯金がある場合は足りない分を出すという気持ちもアリでしょう。

親が出すことはよくありませんが、結婚というものは協力し合う気持ちが大切です。

結婚式に対する考え方を変えてみましょう。

「貯金がないから結婚できない」はもう古い!新しい結婚のスタイル

貯金がないと結婚できるのか、できないのか?

これについての結論は「できます」ですよね。

結婚というものは婚姻届を提出してしまえば成立するものです。

結婚式などはオプションだと考えてみれば、結婚自体には何のお金もかかりません。

最近では結婚式を挙げないカップルも増えています。

新居へ引っ越したり家具を買ったりする費用のみで結婚をしてしまえば、最低限のお金があればできますよね。

それでもやっぱり「ウェディングドレスは着たい!」と考えるならこのようなプランはいかがでしょうか?

・フォトウェディング

結婚式などは行わずに写真だけを残すのがこのプランです。

ウェディングドレスや白無垢を着ることができ、最近ではさまざまなロケーションで撮影をしてくれるサービスもあります。

衣装代とヘアメイク代などはその写真館によって違うので、調べてみてくださいね。

・スマ婚

最近話題になっているのがこれです。

自己資金はなんと1万円を用意し、あとはご祝儀だけまかなうという画期的な新しい結婚式のスタイルです。

ご祝儀を頂いてから支払いを済ますことができるので、貯金がない2人にはぴったりではないでしょうか。

結婚式にかかる費用を節約するポイント

地方によっては結婚式は盛大に行うものとして、かなりの大金をかける場合があります。

また、一生に一度のことだからと自分好みの結婚式にしたい人もいるでしょう。

しかし、気になるのが結婚式にかかる費用です。

挙式と披露宴を行うと一般的には150万程度が目安でしょうか。

招待をする人数や内容によっては300万円、500万円とどんどん膨れ上がります。

結婚式にかかる費用の中で1番高いものと言えば新婦の衣装ですね。

和装、洋装どちらを選んでも安くて30万円以上かかるものです。

そしてお色直しもやっぱりしたいですよね。

そうすると衣装代は高くなって行きます。

新郎の衣装はタキシードのみを選択すると15万円程度です。

このほかのオプションとして、写真やビデオ撮影、ブライダルエステなどを利用することで費用は大きくなっていきます。

もし節約をしたいのであれば、オプションをいかに抑えるかがポイントです。

お2人の資金に見合うプランを選択しましょう。

貯金がないカップルにかかるリアルな費用

貯金がないカップルがいざ結婚しよう!と決めたあと、色んなお金が必要になってきてリアルな数字に悩むでしょう。

その内容を具体的にあげてみます。

・まずは新居へ引っ越す費用

お互い賃貸に住んでいて新たに部屋を契約する場合には、敷金礼金などの初期費用がかかります。

また、自分の部屋を契約解除をして引っ越すための費用も必要ですね。

新しい部屋の家具も必要です。

これにかかる費用をしっかり計算をしてお金を貯めておきましょう。

・生活費の相談

一緒に住んだあとの生活費はどうやって払うのかをまず話し合いましょう。

しばらく共働きする場合は分担して支払うこともできます。

家賃や光熱費など通帳から天引きされるものは彼の役割で、食費や日用品代など目に見えるものへの費用は彼女の役割として決めてしまうのも手です。

子どもがまだいない場合の生活スタイルですが、今後妊娠・出産を希望する場合は長い目で見て考えてみましょう。

そして結婚をすると独身時代のように好き勝手には暮らせません。

出費も抑えて将来のためへの貯金をしましょう。

このことが大きなストレスとなってしまいがちですが、いつもお互いのことを思いやって協力し合うことが大切です。

 - 経済

ページ
上部へ